結婚式の電報について

結婚式というのは呼ばれると嬉しいとてもめでたいことです。しかし、招待されてもどうしても行けないときってあります。そんなときに、メッセージを届けることができる方法があります。それが、電報です。電報というのは、結婚式でよく読まれているのを見たり聞いたりしたことがあるでしょう。式当日に司会の人が読んでくれる時間を設けてくれるのでその式場にいなくてもメッセージを贈ることができます。さらに、参列者たちには見えないかもしれませんが、それには素敵な絵の描かれたカードだったり、ぬいぐるみだったり、お花だったりすることがあります。どれも形に残るので新郎新婦から喜ばれます。一生に一度の二人の晴れ舞台なんだから何らかの形でお祝いしたいとおもったら、是非この方法を利用してみてください。喜ばれること間違いありません。

結婚式に送る電報のマナー

結婚式に招待をされたけれど残念ながら出席出来ない場合は、電報という形でお祝いのメッセージを伝える事が出来ます。結婚式当日に間に合わせる為には、早めに申し込みをして、遅くても式が始まる1時間前には会場に届くように手配しましょう。メッセージの内容は、友人や職場関係、親戚など送る相手に合った文章で、別れるや切れる、離れるなどの別れや、たびたびやしばしばなど再婚を連想させる言葉は避け、折角のお祝いの気持ちが台無しにならないように注意しなければなりません。宛名は新郎新婦二人宛にするのが一般的ですが、新婦宛の場合には旧姓で送るのが通例となっており、文末には送り主の名前を必ず入れておく事が大切です。最近は、台紙の種類も豊富で花束やぬいぐるみ、バルーンなど、メッセージカードと共に送るとより一層喜ばれる事でしょう。

結婚式の電報に必要なマナー

結婚式に贈る電報は、お祝いの雰囲気が溢れる素敵なデザインがほとんどです。従来のフラットなペーパーを使用したものだけでなく、ぬいぐるみやプリザーブドフラワーを使用した立体的なものも多くなっています。相応の価格になりますが、お祝いの気持ちが十分に伝わるでしょう。また、祝電にはマナーがあります。結婚式場は前日でも電報を受け付けていますので早めに送りますが、遅くても披露宴の1時間前には到着するのが礼儀です。そして宛名については新郎新婦とも連名で式場の予約をしているため、旧姓で電報を送っても失礼には当たりません。オリジナルメッセージで贈る方がほとんどですが、忙しくて時間がない方のために文例から選ぶことも出来ます。式場の住所を間違えないのが基本ですので確認しておきましょう。祝電が混み合う時期は人気のあるタイプが選べないこともあるので早めに手配します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)